お祝い金をキャッシングで

友人の出産や新築など、おめでたいことがあればお祝いをあげたいですよね。品物でもいいのですが、すぐに役に立つものといえばやはりお金。ある調査では「お祝いにいただきたいもの」の一位には「現金」が上がっています。品物には好みもありますから、現金、つまりお祝い金が喜ばれるのです。

しかし、たとえ出産や新築など前もって予定がわかっていてもいざそのときになると現金の持ち合わせがないなどはよくあるものです。そんなときはキャッシングの一時利用に頼るのも1つの方法です。お祝い金ならどんなに高く見積もっても5万円くらい、友人関係の結婚式なら2~3万円を包むのが相場です。そのくらいでしたら借り入れしても計画的に返済していけるのではないでしょうか。

キャッシングには二の足を踏む人も多いでしょう。キャッシング=消費者金融というイメージがあり、社会的にも問題になっているので抵抗を感じる人も少なくありません。しかし、それは返済能力を超えた人が無理な借り入れをしていたことが原因の場合がほとんどですし、法整備が整った現在では、闇雲にキャッシングを敵視する必要はありません。

手持ちのお金がないからとお祝い金をケチケチするとその後の人間関係・友人関係にも影響があります。必死で一万円をかき集めたとしても受け取る側はいい気持ちがしませんよね。お祝いなのですから人並みの金額を包みましょう。お祝い金としてのキャッシングは上手に利用したいものです。